タレント養成所とは

テレビなどで見る芸能人は、何らかの「事務所」と呼ばれるところに所属していることが多いですが、事務所に所属している場合でも、最初は技能を磨くために養成所に通うことになります。タレント養成所とは、芸能活動をするための基礎を学ぶ場所です。芸能プロダクションが経営しているところと、プロダクションから委託されてレッスンを行うところがあります。

養成所とは学校のようなところで、テレビ番組や映画などを製作するプロダクションからの仕事の依頼を待ちながらレッスンを受けることになります。レッスンは発声練習や演技、ダンス、殺陣やアクション、ナレーションなど多岐にわたり、メイクの仕方や、モデルとしてのウォーキングのレッスンが取り入れられる場合もあります。俳優になるための養成所では演技が中心になりますし、お笑い芸人になりたい場合はまた別のレッスンが必要になります。

養成所はボランティアではないので、レッスンには費用がかかります。お金をかけてレッスンを受けても、実際に仕事につながるかどうかは保証されない厳しい世界です。養成所側は、多くのレッスン生の中から光るものを持った人を発掘するのが目的なので、養成所に入ったからタレント(俳優)になれるわけではありません。それを踏まえた上で、自分を磨いていくことになります。

タレント養成所に入るには

タレント養成所は芸能活動に向けた第一歩ですが、そこに入るにも関門があります。それがオーディションです。芸能事務所のオーディションに合格した上で養成所に入る場合と、養成所に入ってレッスンを重ねて実力をつけた結果、芸能事務所に所属できるようになる場合がありますが、いずれの場合もオーディションに合格することが必要になってきます。

オーディションの内容は養成所によって異なる部分もありますが、応募者はまず書類と写真で審査され、合格すると面接審査に進みます。そこでは自己紹介(PR)、その場で課題を与えられて実技、また特技の披露などを行うことになります。

養成所に入るためのオーディションでは、すぐにデビューできる技能が求められるわけではありませんが、自分を上手にアピールできるのは非常に重要なことです。審査員は、応募者が芸能の世界で活躍していける能力を持っているかを見るのはもちろんですが、どんなことを得意としているか、どんな経験をしてきたかも重視します。そして何より、応募者がどんな人なのかを見極めたいと思っています。

養成所へのオーディションは、芸能の世界への第一歩であると同時に、自分と向き合う機会にもなります。オーディションをきっかけに自分を見つめなおすことができたら、それだけでもその後の人生の糧になりそうです。夢に近づくために、一歩を踏み出してみませんか。